こちらにその気がない熟女の誘惑

寂しいので出会い系サイトに登録したことで、熟女のおばさんに出会いました。

有料の出会い系サイトであり、登録したことで無料ポイントがついてきて、そのポイントで奇跡的にその熟女のおばさんと出会うことができました。すぐにメルアドを交感し、直で連絡を取り合いました。

相手は42歳で11歳の差がありますが、時間を持て余していましたので、暇つぶしでも構わないと思っていましたので、会うことにしました。

会った時「ない」と思った

待ち合わせに向かい、その人を車に乗せたとき、熟女のおばさんとすぐわかりました。

本当に41歳なのか?と疑問に思うような、もう女としての自覚を捨てたような、それは経験からくるものなのか?恥じらいというものが全くありませんでした。話している分には問題ありません。

でも「ない」とはっきり思いました。

熟女は言う

熟女は言うのです。「車を停められるとこでゆっくり話そう」。こちらはその気がありませんので、何の疑いもありませんでした。

僕は男性から手を出さなければ、そのようなことは起きないと思っていませんでしたので、こちらがNOであれば何も起きるはずがないと思っていました。何の取り留めのない話から、エロイ話になりました。

熟女は今度こんなこと言うのです。「エロいことしたくて出会い系サイトに登録したんでしょ?」。正直に答える僕。彼女は僕の太ももを触ってきます。熟練した手つきで太ももを触ってくるのです。

こんな快感初めてでした。太ももを触られるだけで、ジーンズが膨れ上がるのがわかります。熟女のおばさんが今度はその熟練の手つきで、亀頭を攻めてきます。

攻められる快感

気持ちいいと思いました。すると彼女はキスをしてきて、同時に舌を入れてきました。

キス

このとき女性に性欲があることを知りました。今まで女性経験はありましたが、むこうから積極的に求めてくる女性の性欲を知りませんでしたので、新鮮でした。

熟女のおばさんの舌があらゆる口内を攻めます。

ディープなキスを味わいながら、彼女は僕のジーンズのチャックを降し、パンツに手を突っ込んで、ペニスを外に出します。熟女のおばさんの舌は口内から、首筋、そして僕のペニスへと移りました。

執拗に亀頭を攻め、そして口内に亀頭を含み、舌はあらゆるとこを這っているのを感じました。

セフレにするなら、不倫そして熟女がいいと何かの記事にありましたが、まったくその通りです。

こちらは気がなくても、相手のテクニックが凄ければ、まったく問題なく起ち、射精をすることを知りました。やみつきになりそうです。

熟女のセフレを探すなら» 熟女 セフレまずはこの記事を読んでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です